賃貸に住んでいるけど内装をDIYしてもいい?疑問に答えます

自宅がアパートやマンションなどの賃貸物件の場合には、壁や床、トイレ、お風呂といった場所のDIYをする事は難しいものです。DIYが可能な賃貸物件や大家さんの了解を得る事が出来れば、リフォームのようなDIYも可能ですが一般的には賃貸物件では改造をする事は出来ません。ただ、壁や床などを一切傷付ける事なければ、アパートやマンションといった賃貸物件でも自分の好きなデザインやカラーに統一してしまうといった、自宅の改造を施すことが可能です。

例えば床のDIYではクッションフロアーというものを使えば、簡単に床を自分の好きな色調の木材のデザインにする事が出来ます。クッションフロアーとは柔らかい素材で作られているシート状のマットのようなもので、様々なデザインが印刷されているので自分の好きな柄や模様の入ったクッションフロアーから選べます。そのため、床を自分のセンスによって簡単にDIY加工する事が出来て、柔らかい素材で作られたマットを敷くだけの作業になるので床を傷付けることもありません。また、シート状なのでハサミなどで簡単にカットできる為、床や廊下の広さにもピッタリ合わせる事も可能です。

その他にも、ウォールステッカーというものを使えば、壁や天井などの内装部分に植物などの絵や模様を簡単に装飾する事が出来ます。ウォールステッカーはシールのようなものなので、簡単に貼ることが出来て剥がす際にもきれいに剥がれるようになっているので、賃貸物件の壁にも安心して貼り付けて装飾できます。また、ウォールステッカーは100均などでも購入する事が出来るので、コストを掛けることなく自宅の壁や天井を様々なデザインに着飾れます。ステッカーの種類もアニメのキャラクターのものや、和風のデザインのものなど様々なものがあるので、気分によって変えるなどの楽しみ方も出来ます。

また、ウォールステッカーと似たものには、マスキングテープを利用することができます。今のマスキングテープは柄や模様が装飾されているものなどがあるため、それらのマスターを使用すれば壁や内装部分などを色鮮やかに装飾する事が出来ます。マスキングテープも100均などで様々な種類やデザインのものが販売されているので、コストを掛けることなくDIYが出来ます。

以上のように、賃貸物件のような大家さんの許可がいる場所でも、クッションフロアーやウォールステッカーなどの傷や跡を残さない物を利用すれば、安価で簡単に自宅のDIY改造を行えます。