木材を使ってDIY!木材の選び方や加工の仕方を教えます

様々な木材

自宅の改造によるDIYをする場合には木材をよく使いますが、用途や目的によって選ぶことがポイントになります。DIYなどで使われる木材の種類はいくつかありますが、良く使われる物には無垢材、集成材、合板といった3つの種類から選ぶことが多く、その時の選び方も用途に合った材木を選ぶ必要があります。

無垢材は集成材や合板とは違い一本の木からそのまま切りだした状態の材木のことで、木その物の特性や温かみなどがあるのが特徴です。木目などに特徴がある無垢材などがあるため、大きなテーブルなどのDIYをする際にはお勧めになります。ただ、無垢材は他の種類のものよりも価格が高くなりやすいの、見栄えする目立つ場所などに使用すると効果的に使えます。

集成材は名前の通り様々な種類の木を集めて接着によって成型された木材のことで、無垢材よりも安く購入する事が出来ます。安く購入する事が出来るので、DIYではよく使われていて加工もしやすく強度もあるため、様々な用途や目的で使用することが出来ます。

最後の合板というのは一般的にベニヤ板自体やベニヤ板を重ねた板などをいい、コンクリートの型枠用のコンパネなどの目的で使われています。そのため、合板をDIYで使用する場合には、どちらかと言うと目に見えない壁の補強部分などの場所に使用されることが多いです。ただ合板は集成材よりも安価なため、加工などもしやすくDIYの材料には様々な用途で使うことが出来ます。

そして、これらの木材を加工するには様々な方法があり、一番簡単な成形方法はホームセンターなどの木材売り場でカットサービスを利用するのがお勧めです。事前に寸法だけを割り出して、カットする長さなどを指定すればその通りに加工してもらえます。ただし、ホームセンターのカットサービスの多くは難しい形に成型はしてもらえないので、斜めや曲線の成型をするのであれば自力で行う必要があります。

斜めに木材をカットするには、ノコギリよりも電気丸のこの方が断面をキレイにカット出来るので、できれば電気丸のこがある方が良いでしょう。また、曲線にする成形方法にはジグソーなどの電動工具がお勧めで、ブレードが電気丸のこよりも小さくコンパクトなので小回りが効き、キレイな曲線に木材を成形する事が出来ます。

木材を加工する方法は様々ありますが、その時に使う道具の選び方などが重要になるので、加工する目的や用途の形に成形しやすい道具をいくつか揃えておくことがポイントです。