自宅をDIY改造しよう!一般的にかかる費用とは?|DIYの森

自宅をDIY改造しよう!一般的にかかる費用とは?|DIYの森 工具のイラスト
更新情報

自分で本棚やケースなどを作るDIYの腕が上がってくれば、自宅を本格的に改造することができます。特にキッチンや浴室などはスペースがそれほど広い訳ではないので、DIYをするにもちょうどいいサイズです。ただ、本棚やケースなどを作る場合にはそれほど費用などは掛かりませんが、キッチンや浴室といった場所を本格的にDIYするとなると費用も大きくなっていきます。

綺麗なキッチン

一般的に棚やケースを作るときに掛かる費用は、大きさにもよりますが工具さえ揃っていれば3千円~5千円程度に抑えられます。一方、キッチンや浴室を改造するとなると金額も大きくなり10万円以上は掛かってしまう場合があります。どの程度の改造や工作をするのにかも寄りますが、例えば浴室の床を張り替えるだけならばセメントやタイルなどだけで済むので2万円~3万円ほどで済みますが、浴室そのものを新しくするといった大きな改造になるとやはり10万円以上の費用は掛かってしまいます。

また、キッチンの壁を塗装する費用などでは塗料の種類によって費用がかなり違っていきます。塗料の種類にはアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料などの塗料があり、耐久年数などが異なります。これらの塗料でキッチンの壁を塗装する場合にはキッチンの広さにもよりますが、塗料だけでも2万円~5万円ほど掛かります。一部の箇所や細かい箇所だけの塗装ならば数千円で済むかもしれませんが、キッチン全体の壁を塗装するとなるとそれくらいの費用が相場となっています。

その他の自宅のDIY改造ができる場所では、木製の階段であればグラインダーで薄く削るって新たに塗装をする事が出来たり、壁紙を全て張り替えるなどの改造も可能です。これらのDIYの相場は2万円~7万円ほどで出来ますが、さらに本格的な改造となると古い古民家などを買い取ってDIYするといったものもあります。そうなると、費用は数百万円くらいは掛かり、かなり上級者でなければリノベーションなどのDIY改造は難しいかも知れません。

そのため、浴室やキッチンなどの本格的なDIYに失敗してしまった場合にはハウスメーカーやリフォーム業者の力を借りる方がよくて、万が一に備えての費用などもある程度用意しておけば安心して自宅を自由にDIYによって改造する事が出来ます。

また、自分の腕やレベルに見合った自宅の改造をすることで、より楽しく費用を抑えてDIYを楽しむことが出来ます。